橋本 仁

レジデンス・プログラム

二国間交流事業プログラム(派遣)

橋本 仁

参加プログラム   二国間交流事業プログラム(派遣)
活動拠点日本
滞在都市/滞在先 台北/トレジャーヒル・アーティスト・ヴィレッジ
滞在期間 2019年10月 - 2019年12月
滞在目的

日本統治時代の台湾で生まれ、第二次世界大戦後に日本本土へ引き揚げた日本人(湾生)の記憶を21世紀に生き湾生の祖母を持つ私の視点で辿り直す。湾生の人々は日本への引き揚げ時に何も持っていくことが出来なかったため、現存する写真は全て当時の日本人が摘発のリスクを抱えて持ち帰った貴重な品である。彼らにとって台湾とはどういった場所だったのか本当に理解することは難しい。
そして2019年には戦後74年をむかえると同時に、記憶を保有する湾生の人数は年々少なくなっている。 今回の滞在では、家族のルーツそして湾生の人々の記憶についてより深く調査し、その記憶に向き合いながら、2つの国そして過去と現在を繋ぐような作品を制作し、展覧会を開催したいと考えている。

滞在中の活動

・(出発前)日本に住む湾生の人々に取材し、台湾時代に思い出に残っているモノもしくは場所を思い出してもらう。現地でそのモノ(類似品も可)または場所を探し出し、撮影。記録または記憶写真をベースに木彫と組み合わせて作品を制作する。
・台湾に残った日本人に取材し、上記同様、日本統治時代の思い出の品を預かり、撮影、木彫を重ねた作品を制作する。
・台湾に残されたいくつかの日本統治時代の建物の過去の写真を探し出し、大型パネルに印刷。表面に格子状に木彫を組み合わせる。ちょうど建物の写真自体が半分くらいしか見えない状態で、記憶が徐々にぼやけて消えいくような作品を制作。
・日本統治時代の日本人と台湾人の割合(人口推移)を入手し、その数字の推移をベースに作品を制作する。
・引き揚げ日本人の港別出航者数(3つのメインの港)をグラフ化し、その数字の推移をベースに作品を制作する。 

クリエーター情報

ページの先頭へ