有川滋男

レジデンス・プログラム

二国間交流事業プログラム(派遣)

有川滋男

参加プログラム   
二国間交流事業プログラム(派遣)
活動拠点 日本
滞在都市/滞在先 ベルリン/クンストクアティア・ベタニエン
滞在期間 2019年10月 - 2019年12月
滞在目的

排他的な姿勢や極端な言動が世界中で蔓延している昨今、国家や歴史の問題を多角的に捉え直すことが必要です。人種的、社会的、文化的、政治的多様性を持つ都市ベルリンで、移民や難民となってそこに暮らしている人たちとともに制作することで、新たなアプローチができることを期待しています。
ここで焦点を当てたいのは移民や難民と聞いてすぐに思い浮かぶようなステレオタイプ化された移民・難民像ではなく、より個人的もの、習慣が環境に準じて変化していくようなそういったミクロな視点から見られる物や事です。
ステレオタイプを一度白紙にして、場所とそこに移住してきた人たちの関係性を流動的に捉えることを目指します。

滞在中の活動

・2015年にシリア、アフガニスタン、イラク、イランから逃れてきた多くの人たちが、現在ベルリンではどこでどのように暮らしているか、受け入れ側であるドイツの対応なども同時にリサーチ。
・その中から特定の人物あるいは家族を対象とし、より個人的な物語、習慣、それに付随する物、あるいは新たに身につけたふるまいや作法などに着目。
・さらにそれらを細分化し、別々に組み合わせたり意味をずらしながら、異なる行為や物とその環境の可能性を探る。
・そのアイディアを元に映像を主なメディアとしたインスタレーション作品を制作。

クリエーター情報

ページの先頭へ