クロエ・デランヘ

クロエ・デランヘ

Chloë DELANGHE

更新日:2019.8.15

プロフィール

2014年ゲント王立美術アカデミー(KASK)修了。

最近の展覧会など
「第32回EMAFヨーロピアン・メディアアート・フェスティバル」オスナブリュック、ドイツ、2019
「ポスター展」グループ展、Witte de With、ロッテルダム、2019
「elephy」グループ展、Size Matters、ウィーン、 2019
「We're This and We’re That Aren’t We」グループ展、Kunsthal Extracity、アントワープ、2018
「Specks of Blue」個展、The Living Room、アントワープ、2018

受賞、助成金
フランダース・オーディオヴィジュアル基金(VAF)、scriptwriting support(2019)
ベルギー・アーツ・カウンシル、artistic development grant(2015、2018)
ゲント市財団賞(優秀美術修了作品賞)(2014)

クロエ・デランへはブリュッセルに拠点を置く、ベルギー人の美術家/写真家/映像作家である。2013年セント・ルーカス・スクール・オブ・アーツ(ブリュッセル)卒業。2014年ゲント王立美術アカデミー(KASK)修了(メディアアーツ専攻)。

作品/パフォーマンスについて

≪Magic, a portrait of Joris≫, 2018, film, digitized VHS and 8mm, 15', stereo, 4:3, colour

≪Magic, a portrait of Joris≫, 2018, film, digitized VHS and 8mm, 15', stereo, 4:3, colour

≪Devil≫, 2018, cyanotype print on paper, original drawing by Geert Delanghe, 40x30 cm

≪Portrait of a pigeon (Ginza) ≫, 2016, blue back print, 45x65 cm

≪Reasons to Be Cheerful≫, 2016, softcover book, 104 pages, 450 copies, published by WIELS and Motto Books / graphic design Dylan Van Elewyck

≪Reasons to Be Cheerful≫, 2016, softcover book, 104 pages, 450 copies, published by WIELS and Motto Books / graphic design Dylan Van Elewyck

ページの先頭へ