エミリア・ティッカ

エミリア・ティッカ

Emilia TIKKA

更新日:2019.8.15

氏名
エミリア・ティッカ
ジャンル
ヴィジュアル・アート
ウェブサイト
https://www.emiliatikka.com/
参加プログラム
芸術文化・国際機関推薦プログラム (2019年9月 - 2019年11月)
オープン・スタジオ (2019年11月 - 2019年11月)
エミリア・ティッカ
プロフィール

2018年ベルリン芸術大学修了。

最近の展覧会など
「Art’s Work in the Age of Biotechnology: Shaping Our Genetic Futures」グループ展、Gregg Museum for Art and Design, ローリー(ノースカロライナ)、USA、2019
「Imagine Science Film festival and Art Exhibition」グループ展、ニューヨーク大学アブダビ校アーツセンター、 アブダビ、2019
「Field experiments」グループ展、STATE Studio、ベルリン、2018
「アルス・エレクトロニカ2018」 リンツ、2018
「External body」グループ展、EMMAエスポー近代美術館、エスポー、フィンランド、2017

その他の活動
マックス・デルブリュック分子医学センター・レジデント・アーティスト(2018)
ベルリン・フンボルト大学へルマン・フォン・ヘルムホルツ文化技術研究所客員研究員(2018-19)
Behavioral Matter(ベルリン・フンボルト大学、パリ国立高等工業デザイン学校、パリ国立高等美術学校協働のアート、デザイン、科学における行動に関する探求プロジェクト)プロジェクト・メンバー(2018-)

エミリア・ティッカは、デザイナー/アーティストであり、現在アアルト大学博士課程に在籍している。人間強化というテーマにおいて、クリティカルで思索的なデザインの方法とゲノム改変技術(CRISPR)に関する領域横断的なリサーチを行っている。

作品/パフォーマンスについて

≪ÆON - Trajectories of Longevity and Crispr≫, 2018, Photographs, speculative design objects, CRISPR edited human fibroblasts on petri dish
Photographer: Zuzanna Kaluzna, MDC Scientists: Jürgen Stumm and Norman Krueger (Stem Cell platform), Dubravka Vucicevic (Computational Regulatory Genomics), Actor: Nico Ehrentait, Actress: Helena Norowitz, 3D rendering: Pauli Hyvönen, Make-up & hair: Caterina Veronesi

≪ÆON - Trajectories of Longevity and Crispr≫, 2018, Photographs, speculative design objects, CRISPR edited human fibroblasts on petri dish

≪EUDAIMONIA - Biotechnologization Of the Soul?≫, 2018 – Short film 11:13, Speculative genome editing device.
Film crew: Screenplay & Director / Emilia Tikka, Director of photography / Eduardo Mattos, Editor / Arata Mori, Music / Cristian Cassara, Sound / Shannon Bower, Hair & Makeup / Sammi Mann Yang
MAIN CAST Daniel / Stefan Becker, Nina / Tania Carlin, Aaron / Lucas Englander

≪EUDAIMONIA - Biotechnologization Of the Soul?≫, 2018 – Short film 11:13, Speculative genome editing device.

≪EUDAIMONIA - Biotechnologization Of the Soul?≫

ページの先頭へ