「Tokyo Contemporary Art Award 2019-2021」授賞式及び受賞記念シンポジウム

「Tokyo Contemporary Art Award 2019-2021」授賞式及び受賞記念シンポジウム

Tokyo Contemporary Art Award 2019-2021

中堅アーティストを対象に、海外での展開も含め、更なる飛躍を促すことを目的に、東京都とトーキョーアーツアンドスペース が2018年度から実施している新たな現代美術の賞「Tokyo Contemporary Art Award(TCAA)」の第1回受賞者が決定しました。また、授賞式及びシンポジウムについて以下のとおり東京都現代美術館にて開催します。


受賞者風間サチコ、下道基行
授賞式及び受賞記念シンポジウム 開催日2019年4月21日 (日) 15:00-17:00(開場14:30)
授賞式:15:00-15:30、受賞記念シンポジウム:15:40-17:00
会 場東京都現代美術館 地下2階講堂(江東区三好4-1-1)
入場料無料・要事前申込・先着順
内 容シンポジウムでは、「Tokyo Contemporary Art Award」記念すべき第1回の受賞者と選考委員が、本賞の概要や選考のポイント、今後の作品プランや活動の展望について語ります。
登壇者受賞者:
風間サチコ 下道基行

選考委員:
神谷幸江(ジャパン・ソサエティー、ニューヨーク ギャラリー・ディレクター)
住友文彦(アーツ前橋 館長/東京藝術大学大学院 准教授)
ドリュン・チョン(M+ 副館長/チーフ・キュレーター)
キャロル・インハ・ルー(北京インサイドアウト美術館 ディレクター)
近藤由紀(トーキョーアーツアンドスペース プログラムディレクター)

モデレーター:
塩見有子(特定非営利活動法人アーツイニシアティヴトウキョウ ディレクター)

※日英同時通訳あり ※マリア・リンド氏は都合により登壇いたしません。
※登壇者はやむを得ず変更される場合がございます。
申込方法
代表者氏名、電話番号、出席人数をご記載のうえ、件名を「TCAA授賞式」として、Eメールにて4月11日(木)までにお申込みください。
申込先Eメール: tcaa_ceremony[at]tokyoartsandspace.jp
※[at]をアットマークに変換してご送信ください。
特設サイト 

受賞者プロフィール

風間サチコ KAZAMA Sachiko

1972年東京都生まれ。東京都在住。1996年武蔵野美術学園版画研究科修了。 「現在」起きている現象の根源を「過去」に探り、「未来」に垂れこむ暗雲を予兆させる黒い木版画を中心に制作。一つの画面に様々なモチーフが盛り込まれ構成された木版画は漫画風でナンセンス、黒一色のみの単色でありながら濃淡を駆使するなど多彩な表現を試み、彫刻刀によるシャープな描線によってきわどいテーマを巧みに表現する。

近年の主な展覧会に、「ディスリンピア2680」 (原爆の図丸木美術館、埼玉、2018)、「The Long Story」(クイーンズランド州立美術館、ブリスベン、オーストラリア、2018)、「ヨコハマトリエンナーレ2017」(横浜美術館、神奈川、2017)、「光州ビエンナーレ2016」(光州、韓国、2016)、「2015 Asian Art Biennial: Artist Making Movement: 」(国立台湾美術館、台中、台湾、2015)など。受賞歴に、2016年「第8回創造する伝統賞」など。

≪ディスリンピック2680≫
木版画(和紙、油性インク)、2018
撮影:宮島 径
© KAZAMA Sachiko Courtesy of MUJIN-TO Production

≪決闘!硫黄島(近代五種麿参上)≫
木版画(パネル、和紙、油性インク)、2017
撮影:宮島 径
© KAZAMA Sachiko Courtesy of MUJIN-TO Production

下道基行 SHITAMICHI Motoyuki

1978年岡山県生まれ。愛知県在住。2001年武蔵野美術大学造形学部油絵科卒業。 日本各地に残る戦争遺構を調査撮影したシリーズ『戦争のかたち』(2001-2005)、自らの祖父の遺した絵画を追って旅したシリーズ『日曜画家』(2006-2010)や、日本の国境線の外側を旅し日本植民地時代の遺構の現状を調査するシリーズ『torii』(2006-2012)など。旅やフィールドワークをベースにした制作活動を続けている。

近年の主な展覧会に、「MOVING STONES」(KADIST、パリ、2018)、「Our Daily Our Border」(大館現代美術館、香港、2018)、「光州ビエンナーレ2018」(光州、韓国、2018)、「高松コンテンポラリーアート・アニュアルvol.07」(高松市美術館、香川、2018)、「MOTサテライト」(清澄白河周辺[東京都現代美術館主催]、2017)など。受賞歴に、2012年「光州ビエンナーレ2012」NOON芸術賞(新人賞)など。2019年「第58回ヴェネチア・ビエンナーレ」の日本館展示への参加が決定している。

≪漂泊之碑≫
ガラス、ミクストメディア、2015-

≪津波石≫
ビデオ、2015-

お問い合わせ

トーキョーアーツアンドスペース 「Tokyo Contemporary Art Award 2019-2021」担当
Email: tcaa_2018[at]tokyoartsandspace.jp
※(at)をアットマークに変換してご送信ください。
※お電話でのお問い合わせはご遠慮ください。

ページの先頭へ