石塚まこ

レジデンス・プログラム

二国間交流事業プログラム(派遣)

石塚まこ

ベルリン
参加プログラム二国間交流事業プログラム(派遣)
活動拠点日本/スウェーデン
滞在都市/滞在先
ウィーン/クンストハレ・エクスナーガッセ
滞在期間
2019年4月 - 2019年6月
滞在目的

動く人々の生活にある言語と文化の越境にまつわるプロジェクトの展開において、『追熟と訛り:所作の敷衍』と題し、反射的で言葉に頼らない伝達のかたちとして、そして文化や道徳、精神性を反映するものとしての社会的所作に注目。注視の対象から逃れ、社会状況や思想に静かに介入する糸口としての社会的行動、所作とその伝播について研究。伝える行為において身体性・声性を深く意識している人々と対話し、思い描く社会に導くための「遅効性解毒・起爆剤」のような日常的な社会的所作の考案、実践を試みる。

滞在中の活動

日常の公共空間で複数の他人が行き交う場所、人が対面する場面を観察。
伝達において身体性や声性を深く意識している人々の活動を鑑賞・考察し、彼らと積極的に交流。
上記経験を反芻し、介入したい社会状況や反応したい所作を抽出。それらの自分なりの解釈を検討し、その返答を「自前の語法」の身体的表現への翻訳を試行。
枠に囚われず直感や偶然を重視し、また他者と共有・討論し、顕在化する所作の誤解や「同音異義語」を掬いながら進展。
上記過程を映像や他メディアで記録・編集。「思い描く社会へ導くための新しい社会的所作」の提案として、その所作を協力者らと共に実践。 

クリエーター情報

ページの先頭へ