菊地智子

レジデンス・プログラム

二国間交流事業プログラム(派遣)

菊地智子

参加プログラム二国間交流事業プログラム(派遣)
活動拠点日本
滞在都市/滞在先ソウル/セマ・ナンジレジデンシー
滞在期間2019年5月 - 2019年7月
滞在目的

今回の滞在制作では、今まで長期間行ってきたリサーチを元に写真と映像撮影を行う。現在南北統一に向け新たな展開を見せる韓国で、そこに生きる北のサラムたちの置かれた状況を考察しながら、分断された国の狭間に生きる人々の過去、現在、未来についての対話を行い、彼らを取り巻き変化し続ける現象を、現代史や現代社会の事象と相対しながら映像化を試みる。人々の言葉をつなぎ、写真、映像を通して表現することにより、過去と現在を未来に繋げ、最終的には朝鮮半島の未来を視覚化し想像するインスタレーションを制作していきたい。

滞在中の活動

・対象者と、いくつかの質問に基づき、彼らの過去、現在、未来についての対話を行う。
・対話に基づく、具体的な風景や、様々な彼らの心象風景の撮影
・対象者との旅、撮影
・対象者と「気球」をテーマにしたパフォーマンスを写真、ヴィデオ撮影
・滞在終了後 写真、ヴィデオ作品を編集し、最終的に写真とヴィデオをインスタレーション形式で制作する。

クリエーター情報

ページの先頭へ