藤井 光

藤井 光

FUJII Hikaru

更新日:2020.2.28

氏名
藤井 光
ジャンル
ヴィジュアル・アート
メディア・アート
リサーチ
ウェブサイト
http://hikarufujii.com/
参加プログラム
Tokyo Contemporary Art Award 2020-2022 (2020年3月 - 2020年3月)
藤井 光
プロフィール

1976年東京都生まれ。東京都在住。
2004年パリ第8大学美学・芸術第三博士課程DEA修了。

主な展覧会
2020年 「もつれるものたち」(東京都現代美術館)
2019年 個展「核と物」(KADIST、パリ)
2019年 「あいちトリエンナーレ2019: 情の時代」(名古屋市美術館)
2019年 「コントゥール・ビエンナーレ9」(メッへレン、ベルギー)
2019年 「Zero Gravity World」(ソウル市立美術館、韓国)
2019年 「呼吸する地図たち」(山口情報芸術センター)
2018年 個展「第一の事実」(ISCP、ニューヨーク)
2018年 「カタストロフと美術のちから」(森美術館、東京)
2018年 「How little you know about me」(国立現代美術館、ソウル)
2018年 「Fast Forward Festival 5」(オナシス文化センター、アテネ)
2018年 「マニラ・ビエンナーレ」(フィリピン)
2018年 「トラベラー:まだ見ぬ地を踏むために」(国立国際美術館、大阪) 

受賞歴
2020年 「Tokyo Contemporary Art Award 2020-2022」 
2017年 「日産アートアワード2017」グランプリ

作品 / パフォーマンスについて

芸術は社会と歴史と密接に関わりを持って生成されるという考え方のもと、様々な国や地域固有の文化や歴史を、綿密なリサーチやフィールドワークを通じて検証し、同時代の社会課題に応答する作品を、主に映像インスタレーションとして制作している。その方法論は、各分野の専門家との領域横断的かつ芸術的協働をもたらす交点としてのワークショップを企画し、そこで参加者とともに歴史的事象を再演する「リエナクトメント」の手法を用いるほか、参加者による活発な意見交換を促す議論の場を作り出すなど、過去と現代を創造的につなぎ、歴史や社会の不可視な領域を構造的に批評する試みを行っている。

《核と物》2019

《第一の事実》2018

《無情》2019  写真:怡土鉄夫

《爆撃の記録》2016  写真:椎木静寧

ページの先頭へ