アニー・ジェール・クワン

アニー・ジェール・クワン

Annie Jael KWAN

更新日:2020.2.3

氏名
アニー・ジェール・クワン
ジャンル
キュレーション
ウェブサイト
https://anniejaelkwan.com/
参加プログラム
リサーチ・レジデンス・プログラム (2020年1月 - 2020年3月)
オープン・スタジオ (2020年3月 - 2020年3月)
アニー・ジェール・クワン
プロフィール

2018年ロンドン大学東洋アフリカ研究学院(SOAS)にて修士号(美術史、考古学)取得。

最近の活動
Asia-Art-Activism(多分野、多世代にまたがる研究ネットワーク)、Raven Rowにてレジデンス(~2020年11月) 
「Being Present」(キュレーション)、マンチェスター・アート・ギャラリー/同展についてPaul Mellon Centreの刊行誌『British Art Studies』第13号に寄稿、2019
「Southeast Asia Performance Collection」 アーカイブ展示、シンポジウム、パフォーマンス・プログラム(共同キュレーション)、Haus der Kunst、ミュンヘン、2019
「UnAuthorised Medium」(キュレーション)、Framer Framed、アムステルダム、2018
「M.A.P. (Movement x Performance x Archive)」、Diaspora Pavillion、ヴェネツィア・ビエンナーレ/ロンドン、2017

その他の活動
『Southeast of Now: Directions in Modern and Contemporary Art in Asia』第3巻 第2号「Archive」共同編集、2019
UK Live Art Sector's Diverse Actions Leadership Award、2019
Outset/ACE Contemporary Art Research & Travel Award、2017
Tate Research Centre Travel Fellowship、2017

アニー・ジェール・クワンはコンテンポラリー・アートとアクティビズムの交わる領域で活動するキュレーター/研究者であり、イギリスの内外で東南アジアを対象とした調査や企画を実施している。『Art Asia Pacific』、『Art Review Asia』等に寄稿、ロンドン芸術大学セント・マーティンズ校にて教鞭を取っている。

作品/パフォーマンスについて

≪Being Present 2019≫, 2019, Live Performance by Nicholas Tee,
for "Being Present" at the Manchester Art Gallery 

≪Southeast Asia Performance Collection≫, Archive Exhibition at Haus der Kunst,
live performance by Anida Yoeu Ali, 2019, Image by Marion Vogel

≪UnAuthorised Medium, Framer Framed, 2018≫, Opening performance by Noel Ed De Leon, 2018,
Image by Marlise Steeman 

≪MAP: Waterways, 2017≫, Performance by Lynn Lu, Image by Annie Jael Kwan

≪From East to the Barbican 2015≫, Performance by Boedi Widjaja, Image by Annie Jael Kwan

ページの先頭へ