アンナ・ヴィヒマ

アンナ・ヴィヒマ

Anna VIHMA

更新日:2019.5.7

プロフィール

2013年アアルト大学よりMA取得。

最近の展覧会など
「In Praise of Boredom」グループ展(キュレーション)、ラウマ美術館、ラウマ、フィンランド、2019
「Ruudt Peters: BRON」個展(企画・共同キュレーション)、ヘルシンキ・デザイン美術館、ヘルシンキ、2019
「Josef Frank - Architect and Designer」展覧会(キュレーション)、ヘルシンキ・デザイン美術館、ヘルシンキ、2018
「Momentary Monuments」グループ展(キュレーション)、Kilometer of Sculpture、ラクヴェレ、エストニア、2016
「Museum of Instability」グループ展(キュレーション)、ヘルシンキ大学美術館、ヘルシンキ、2013

アンナ・ヴィヒマは2018年4月よりヘルシンキ・デザイン美術館にキュレーターとして勤務。それ以前にはFrame Contemporary Art Finlandにおいて国際招聘プログラムの責任者を務める傍ら、2015年、2017年にはヴェネチア・ビエンナーレ・フィンランド館の制作に従事。これまでに実施したインディペンデントな企画としては、「In Praise of Boredom」(ラウマ美術館、2019)、「Momentary Monuments」(ラクヴェレ、エストニア、2016)、「The Museum of Instability」(ヘルシンキ大学美術館、2011)等がある。

作品/パフォーマンスについて

≪In Praise of Boredom≫, group exhibition, Rauma Art Museum, 2019, Artwork and photo: Sari Palosaari 

≪Ruudt Peters: BRON≫, exhibition, Design Museum Helsinki, 2019, Photo: Jussi Tiainen

≪Josef Frank - Architect and Designer≫, exhibition, Design Museum Helsinki, 2018-2019, Photo: Katja Hagelstam

≪Museum of Instability≫, group exhibition, Helsinki University Museum, 2013, Photo: Teemu Lehmusruusu

≪Momentary Monuments≫, group exhibition, rakvere, Estonia, 2016, Artwork and photo: Hertta Kiiski

ページの先頭へ