ポール・グリューンドルファー

ポール・グリューンドルファー

Paul GRÜNDORFER

更新日:2019.4.26

氏名
ポール・グリューンドルファー
ジャンル
サウンド&ミュージック
ウェブサイト
http://tricx.net/
参加プログラム
リサーチ・レジデンス・プログラム (2019年5月 - 2019年7月)
オープン・スタジオ (2019年7月 - 2019年7月)
ポール・グリューンドルファー
プロフィール

ウィーン美術アカデミー卒業。

最近の活動
「Umbral」パフォーマンス、オアハカ現代美術館、オアハカ、メキシコ、2018
「Transient Hole (variations) VIII」パフォーマンス、 GMK、ザグレブ、クロアチア2018
「tune city」メッセネ、ギリシア、2018
「Sonic Territory」講義、広州美術学院、中国、2018
「Tsonami Festival」パフォーマンス、バルパライソ、チリ、2017

ポール・グリューンドルファーは、音をそれぞれの場所の持つ基準に対する働きかけと反動の知覚的現象や、段階的な媒体として探求している。サイト・スペシフィックなインターヴェンション、過程重視のプロジェクト、音響彫刻、電子装置を通じて、音がどのように機能しているかや音の現われ方について考察している。

作品/パフォーマンスについて

≪Arcadian Gate≫, site specific installation, tuned city, Ancient Messene[GR], 2018 vlf antenna, audio modulated laser, solar-cell detector, © Paul Gründorfer

≪39.891582, 116.391015≫, site specific research / happening 08:22am on may 12 2018, Dashila Area Beijing[CN] 4k video, binaural recording, © Paul Gründorfer

≪39.891582, 116.391015≫, site specific research / happening 08:22am on may 12 2018, Dashila Area Beijing[CN] 4k video, binaural recording, © Paul Gründorfer

≪Centre and Periphery≫, site specific investigation, magellan region[CL], 2017 kite, cables, transistor amplifier for vlf-signals, recorder, © Paul Gründorfer

≪Centre and Periphery≫, site specific investigation, magellan region[CL], 2017 kite, cables, transistor amplifier for vlf-signals, recorder, © Paul Gründorfer

≪Attractor≫, site specific - light installation, Feijiacun Beijing[CN], 2017 fluorescent tubes, metal/wood structure, power lines, © Paul Gründorfer

ページの先頭へ