広瀬菜々 & 永谷一馬

広瀬菜々 & 永谷一馬

HIROSE Nana & NAGATANI Kazuma

プロフィール

1980年大阪府生まれ(広瀬)、1982年兵庫県生まれ(永谷)。ドイツを拠点に活動。両者ともに2014年ブレーメン芸術大学美術学部マイスターシューラー課程修了。
主な展覧会に「Out of the Ordinary」(ウルム芸術財団、ドイツ、2019)、「Why don’t cats wear shoes?」(クンストラーハウス・ゲッティンゲン、ドイツ、2019)、「Why don’t cats wear shoes?」(クンストフェライ ン・クックスハーフェン、ドイツ、2019)、「Another Place」Anna Bart との対話展( 国際交流基金ケルン、ドイツ、2018)、「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」( 新潟、2018)、「Still Life」(ヨハン・ フリードリヒ・ダナイル美術館、ザルツヴェーデル、ドイツ、2017)、「Of the Universe」(ヴェーザーブルク現代美術館、ブレーメン、ドイツ、2014) など。 主な受賞や助成歴にベルギッシュ・アートアワード観客賞(ゾーリンゲン美術館、ドイツ、2017)、ポーラ美術振興財団在外研修(ドイツ、2015)、エアスターフェルクリンガー・アートアワード観客賞(ザール造形芸術大学、2013)、芸術大学最優秀賞(ブレーメン芸術大学、2012)。2018 年より LBBW 財団、ポーラ美術振興財団、野村財団他の助成を受けドイツ、ウルムでの 2 年間のレジデンスプログラムに参加。

作品/パフォーマンスについて

Nana Hirose&Kazuma Nagatani_Home as a Birdhouse.jpg

《Home as a Birdhouse》、2014、トウヒ、松、もみ、67 cm × 67 cm × 140 cm

Nana Hirose&Kazuma Nagatani_Today is a good day.jpg

《Today is a good day》、2016、プレッツェル、サイズ可変

Nana Hirose&Kazuma Nagatani_Still Life.jpg

《Still Life》、2013年からの継続作品、磁器、展示サイズ可変

Nana Hirose&Kazuma Nagatani_Greenhouse.jpg

《Greenhouse》、2014、トウヒ、PVCフィルム、日本原産植物、空缶、植木鉢、ペットボトル、プラスチック容器、培養土、小石等、270 cm × 135 cm × 240 cm

Nana Hirose&Kazuma Nagatani_365 Apartment.jpg

《365の家》、2011年からの継続作品、商品包装紙、チケット、メモ、絵葉書、領収書など、サイズ可変

Nana Hirose&Kazuma Nagatani_365 Apartment-2.jpg

《365の家》、2011年からの継続作品、商品包装紙、チケット、メモ、絵葉書、領収書など、サイズ可変

ページの先頭へ